ぐだぐだ。

毒にも薬にもならないハナシ

ゆずっこによるゆずっこのためのゆず曲30選

 

 

 

こんばんは。

 

 

今夜は諸事情により眠れないので

自己満オンパレードで繰り広げていきたいと思います。

 

 

 

そんな訳で眠れぬ夜にぴったりな、

ゆずの良曲を紹介しますコーナー。(コーナー?)

 

 

 

ゆずっこのための って書いたけど

ほぼほぼ自分のためですね。ハイ。

 

 

 

割とコアなので入門ではないと思います。

なのでなので、まずはベスト盤を聴いて、

そしてゆずいいじゃん!と思った方には

ぜひこれを聴いてほしい!そんな曲たちです。

 

 

ちなみにすべてわたしの主観と

あとは誰かから聞いた話を少しだけ織り交ぜてます。

あしからず。

 

ではどうぞ。

 

 

 

北川編

 

 

  • 代官山リフレイン

代官山リフレイン

代官山リフレイン

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

「あの頃は若かったな〜!」みたいな気持ちを

明るく歌ってます。テンポが良いのでとても聴きやすい。

 

損か得かなんて

「どうでもいいじゃん」って

楽しければそれが答えだった

聴こえてるかい?自由の声

 

ここの歌詞がとてもとても好きです。

 

  • 夕暮れどき

 

夕暮れどき

夕暮れどき

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

わたしはこれを聴くとまず

「声わっか!」 って思います。

 

そしてこの曲、作曲が寺岡呼人さんです。

初めて聴いた時、なんかいつもと違うな?と思ったら

どうやらそういうことだったらしい。(どういうこと)

 

 

恋人との日常を愛しく思うそんな曲です。

当たり前のことを大事にしたくなりますね。

 

リア充の方々は恋人と聴いたらいいんじゃないすか。

そうじゃない方々は妄想でもしてください。

 

  • 赤いキリン

 

赤いキリン

赤いキリン

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

  

ちなみに赤いキリンとは横浜の港に見えるクレーンのことです。

 

f:id:ykh01014:20170704030900j:image

 

港の見える丘公園マリンタワーなどからよく見ることができます。

横浜愛を感じる曲です。

 

 

横浜に行った際は赤いキリンを探してみてください。

そしてこの曲を聴いてください。

 

  • 改札口

 

改札口

改札口

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

サザエさん恐怖症みたいな、そんな曲。(雑)

左っこの方は絶対に聴くべき。

 

わたしがイチオシするところは

 

馬鹿だな泣くことないのに

 

ここですね、ここ。言われたい。(バカ)

 

 

あと個人的に、「このまま〜」の

対旋律が大好きです。

 

小田和正さんっぽいな、と思ったら

まさしく小田和正さんに教わったそうです。

 

ここの部分がより切なさを醸し出してて

すごくすごくよいのです。

 

  • フラリ

 

フラリ

フラリ

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

切ない片想いの曲なのにやたら明るい曲。

友達ポジションって1番切ないですよね。

 

口笛のようなカズーの音が個人的に好きなとこです。

 

 

  • 明日天気になぁれ

 

明日天気になぁれ

明日天気になぁれ

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥400

 

ゆっくり生きていこうか、って

ホッと一息つける、そんな曲で

悩んだ時にいつもそっと背中を押してもらってます。

 

本当の幸せって一体何かな?

やっぱり僕は僕でしかないや

 

不器用にしか生きられなくても

そんな君が僕は好きさ

 

ここの歌詞に何度救われたことか。

 

  • みぞれ雪

 

みぞれ雪

みぞれ雪

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

倦怠期カップルの彼氏が

もいちどあの頃の気持ちを思い出そうよ!と

なんか張り切る曲です。

 

可愛いので聴いてほしい一曲。

彼氏、張り切ってます。

 

 

  • ムーンライトパレード

 

ムーンライトパレード

ムーンライトパレード

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

LANDの世界観満載なこの曲。

転調がたくさんあって楽しいです。

 

そして途中声たっか!てなります。

 

おもちゃ箱をひっくり返したような曲だな、と

わたしはそんな風に思ってます。

 

楽しいのでぜひ。

 

  • 四時五分

 

四時五分

四時五分

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

あの頃は〜みたいな曲。

 

噂によると悠仁が厚ちゃんにあてて書いた曲だとか違うとか

真偽は定かではないので断言は出来ませんが

そうやって思って聴いてみると

ほのぼのした気持ちになります。

 

ちなみに曲名は悠仁が歌詞を書き終えて

時計を見たら四時五分だったから。

 

マジで個人的なこと言うと

この曲のおかげで

モスコミュールが大好きです。

 

  • みそら

 

みそら

みそら

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

これも対旋律があります。

小田節出てます。好きです。

 

夜明けから朝方にかけて聴きたくなる曲です。

 

 

スナフキン

スナフキン

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

厚ちゃんが書く路上の曲はわりかしあるけど

これは珍しく悠仁が書いた路上の曲。

 

だとわたしは思ってます。

そのまんまだしな。

 

  • 白鳥

 

白鳥

白鳥

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

悠仁のおばあちゃんが亡くなった時に書いた曲です。

歌い方が優しくて切ない。

 

個人的にはCDよりもむしろ

「1〜ONE〜」のツアーの時の

白鳥を聴いてほしいです。

 

 

 

「1~ONE~」 [DVD]

「1~ONE~」 [DVD]

 

 

  • 命果てるまで

 

命果てるまで

命果てるまで

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

初めて聴いた時の衝撃が結構凄かったですね。

こういうロックというか

パンチの効いた曲をゆずも歌うんだ!と。

 

けどやっぱ根っこはゆずなんですよね。

ゆずだなあ、悠仁だなあって思います。

 

  • 夏祭り

 

夏祭り

夏祭り

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

またまた「1〜One〜」から。(笑)

 

短いけれど大好きな曲です。

夏祭りが終わる切なさを感じます。

 

100円おじさんとは屋台のおじさんで

何でも100円で売ってる人のことみたいです。

 

知るまではなんだよ100円おじさんって、と思ってました。(笑)

 

カラオケで歌おうとすると

あの有名曲に思われがちなので

入れるとき躊躇するのはわたしだけでしょうか。

 

  • 背中

 

背中

背中

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

母の偉大さを感じます。

そして悠仁のお母さんへの愛を感じます。

 

愛が分からずに心を閉ざして

信じる事怖くて ごまかしてばかりいた

言葉に出来ない想いが溢れて

僕は 歌を唄った

 

 

ここの歌詞を聴いて

悠仁のこと、ああ好きだなあって

この人も人間なんだって

当たり前だけどそんな風に思いました。

 

わたしの中でやっぱりどうしても

特別な存在で尊敬する人だけど

同じように悩んだり挫けたりするんだって

そうやって思ったらほっとしたというか

お母さんにあてた曲なんだろうけど

わたしはこちら側に寄り添ってくれる

そんな曲でもあるんじゃないかなって思います。

 

 

 

さて、北川編はここで終わりです。

が!まだ続きますよ。長いですね。

 

 

しかし続きます。

 

 

岩沢編

 

  • from

 

from

from

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

この曲は言わずと知れた名曲なので

別にわたしが紹介するまでもなかったんですが

でもやっぱりわたしも大好きな曲なので

ここはひとつ入れときたいな、と。

 

ちなみに間奏で犬の鳴き声みたいなのが聴こえます。

探してみると楽しいかもしれません。

 

 

誰か大切な人を想って聴くといいんじゃないかな、と。

でもわたしはどうしようもなく打ちのめされた時

この曲を聴いて前を向いてます。

 

そうだよね。君がいるから大丈夫だよね。って。

 

  • ウソっぱち

 

ウソっぱち

ウソっぱち

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

聞くところによると厚ちゃんが悠仁にあてて書いた曲だとか違うとか

「四時五分」のアンサーソングだとか違うとか?

 

真偽は本人にしかわかりませんが

あくまで予想として

そうなのかな?って思って聴くと

また違って聴こえてきます。

 

 

ダスキング

ダスキング

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

ホントは グ はなかったけど、

企業側からOKが出なくて

仕方なしに グ をつけてこうなったそうです。

 

しかし後にゆずくん、ダスキンとタイアップするという。

 

テンポの良い曲です。

しかしさすが岩沢文学。

 

なんのことやら?という感じです。

それを考えるのもまた楽しくもあり。

 

間奏の逆さ言葉、何を言ってるのか聞き取るのもの

楽しいと思います。大好きな曲。

 

 

  • くず星

 

くず星

くず星

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

この曲アルバムに収録されてないんですよね。

ライブ音源(歌時記)ならあるんですけど、

それを除いたらシングルのみです。

 

イロハに収録されると思ってたら

されなかったという。しかし名曲です。

 

路上時代のことを歌っているのかな、と

そんな風にわたしは感じたのですが

どうなんでしょうね。

 

本当のところはわからないけど、

わたしは そのままでいいんだよ って

言ってくれてるようで、そっと背中を押されるそんな曲です。

 

 

道に悩んだら一度この曲を聴いてみてほしいです。

きっとなにか見つかると思います。

 

  • うすっぺら

 

 

ふたり [DVD]

ふたり [DVD]

 

 

未収録曲なんですけど、このDVDに

2番だけ入ってて、とても有名で人気な曲です。

 

YUZU YOUのファン投票の未収録曲ランキングでも

圧倒的に一位だったみたいです。

 

 

そしてみんなの念願叶って

ついに「また明日」の初回盤に

ライブ音源が収録されたのですが

iTunesにはないみたいです。残念。

 

気になる方はライブDVDを見るか

CDを聴いてみてください。

 

路上時代の映像なので画質は荒いですが

とっても貴重ですよ。

 

 

また明日【初回盤】

また明日【初回盤】

 

 

フルはこちら。

右っこの方は必聴だと思いますよ。

 

 

  • 夕立ち

 

夕立ち

夕立ち

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

ハッとさせられる曲です。

どこが?と聞かれると難しいけれど

ずっとずっと好きな曲。

 

たったちっぽけな自分の為 大きい方のカバンを選ぶ

僕は何を捨てられるのだろう?何から僕は捨てられるだろう?

 

ここの歌詞がものすごく心に突き刺さります。

ふとした時に聴きたくなる曲でもあるし

自分を見つめ直したい時に聴きたくなる曲でもあります。

 

  • 旅立ちのナンバー

 

旅立ちのナンバー

旅立ちのナンバー

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

一歩先に進みたい時に勇気をくれる曲だな、って

そんな風に思います。

 

いつかあの事と笑えるだろう

きっと今までが思い出だったように

 

 

そうだよな、そうなんだよな、って。

当たり前だけど言われて初めて気付くことってありますよね。

厚ちゃんの曲はそういうことをたくさん気づかせてくれます。

 

この曲もそのひとつなんじゃないでしょうか。

 

  • ビジネス

 

ビジネス

ビジネス

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

テンポというか曲というかもうなんか

全てにおいて大好きな曲です。

 

岩沢文学満載です。たまらんです。

 

多くは語らんです。

とにかくぜひ聴いてほしい。ぜひ、ぜひ。

 

 

  • 月影

 

 

 

かの有名なドラえもんの曲「またあえる日まで」

の、カップリングです。

 

PVがまた幻想的なのでぜひ見てほしいのですが

それはさておき曲がとてもよい。

 

眠れない夜に聴くと

ぐっすり眠れるのでは?

 

吹き抜ける風つまずくけど 何となく笑ってた
手をつないでる あの雲の様に
近づけばそっとやさしかった

 

 

個人的にはここが好きです。

 

  • チョコレート

 

チョコレート

チョコレート

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

歌詞が好きな曲です。

 

忘れる事に脅えるから
知らない方がましだなんて思わないで
嘘の数が増えるくらいなら一生が一瞬で終わった方がいい

 

だから君の事考える時
優しい気持ちになれるんだよ

 

素敵すぎませんか?

この歌詞に岩沢さんの美声です。

聴かないわけにはいかない!

そうでしょう?そうですよね?

 

ぜひ聴いてください。

 

 

  • 日曜日の午後

 

日曜日の午後

日曜日の午後

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

珍しくストレートなラブソング。

 

気持ちを大事にしないと

結局はだめなんだよって曲。多分。(笑)

 

「歩く国語辞典みたいに」のとこすきです。

 

  • 境界線

 

境界線

境界線

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250



そのまんま、新しい自分との出会いです。

なにかひとつ超えた時

この曲を聴くと清々しい気持ちになるのでは。

 

わたしはこの曲で「分岐点」という言葉を覚えました。

 

 

ゆずが10周年の時に出したアルバム

ゆずのね」の初回盤のDVDに

この曲をBGMにした映像が収録されてますが

まさに10周年のゆずにぴったりな曲だったのでは、と思います。

 

  • 人間狂詩曲

 

人間狂詩曲

人間狂詩曲

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

曲名はちなみに「にんげんラプソディー」と読みます。

 

何だかんだ言ったって君だって 僕だって
一生懸命叫んでみようか

 

 

ここに尽きると思います。きっと。

もがきながら一生懸命生きようぜ!って

そんなメッセージを感じます。

 

 

  •  大バカ者

 

大バカ者

大バカ者

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

夏色のカップリングです。

名曲です。

 

 

岩ちゃん!って感じ。(どんな)

 

 

悠仁の声が若いです。

これこそ初期のゆずって感じがします。

 

 

頑張ろう、でもとりあえず今日のとこは寝ようみたいな

そんな感じ。(ざっくり)

 

 

聴いてみればわかります。

 

 

  • 値札

 

値札

値札

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250

 

最後はこの曲。

 

 

長いこと未収録曲だったのですが

ついに「表裏一体」で収録された曲。

 

Bメロの掛け合いが楽しいです。

 

この曲の全ては曲名とサビに全て込められてると思います。

そして勝手な解釈だけど

岩沢さんの信念そのものなんじゃないかな?と

そんな風に感じます。

 

 

途中のボイスパーカッションみたいな音も

楽しくて好きです。ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

 

 

ーー以上です。

 

 

そんなわけで15曲ずつの

前30曲、紹介しましたが

いやー長かった。

 

 

ホントは、最初にリストアップしていったときに

もっとあったんです、紹介したい曲が。

 

 

それこそイロハみたいに25+25の50にしようかなとか

考えたんですけどそんなんどんだけ長くなるんだよ!と思って

泣く泣く30曲に減らしました。

 

 

なんで、ここにはないけれど、

名曲が他にもたくさんたくさんあるんだということを

知ってもらえればわたしは満足です。

 

 

この中でも気になる曲があったら

ぜひ聴いてみてください。

 

 

そしてここにないゆずの曲も聴いてみてください。

きっとゆずから抜け出せなくなることでしょう。

 

 

 

 

ではでは、おわります。