ぐだぐだ。

毒にも薬にもならないハナシ

君に会えてよかった

 

 

 

ゆずイロハ東京公演2days

無事に終わりました。終わってしまいました。

 

 

ゆずが歩んできた20年のすべてが

詰め込まれてたライブだったし、

ゆずっこの愛が溢れてた空間だった……。

 

 

 

 

 

1日目、きっと泣くんだろうななんて

ぼんやり考えてたら

ゆずが出てきて、一曲目を歌った瞬間から

訳もわからず泣いてしまって

あ、やばい。と思って(笑)

 

 

でも止まらなくて、

ゆずが大好きだって気持ちが溢れて

もうこれは止めなくていいやって

泣きながらずっと聴いてた。

 

 

 

 

 

泣いて笑ってはしゃいで歌って踊って

楽しいって言葉だけじゃ言い表せないくらい

濃い1日でした。

 

 

 

2日目は、とりあえず席が神すぎて

 

 

f:id:ykh01014:20170522130327j:image

 

 

前から2番目という、ゆずライブ史上初の近さでした。

 

 

 

 

1日目散々泣いたし、

セトリもわかってたから、

今日は泣かずに見れると思ったら

泣いた。まんまと、泣かされた。

 

 

 

 

 

 

悠仁が最後のMCで言っていたこと、

だいたいだけど

 

 

「ゆずをやってて、1番くそったれって思うのは、あの時はよかったって言われることで、そうやって思わせたくなくて、今が1番最高だって思ってほしい。今日だって最高だっただろ?

 

ゆずのファンでよかったって思ってもらえるようにこれからも全力でやっていくので、みんなも付いて来いよ」

 

 

 

そんなことを言っていて

なんていうか、この人たちを好きになって

本当によかったなって。

 

 

 

語彙力がなくて、うまく言えないけど、

わたしはこの先ゆずを離れることはないし、

もし万が一そんなことがあったとしても、

悠仁がそんな風に思っていてくれる以上、

絶対またここに戻ってこれるはずだって

そうやって思えることができました。

 

 

 

 

わたしが音楽で泣くのは

ゆずの曲だけです。

 

 

音楽で泣かされたのは

ゆずが初めてなんです。

 

 

 

きっとこんなに心に響く音楽は

ゆず以外ないなと思うんです。

 

 

 

 

 

 

おこがましくも自分たちの音楽はみんなに寄り添えてると思ってたけど、

20周年を迎えて思うことは自分たちの音楽に寄り添ってくれてたのはゆずっこのみんなだった。

 

 

 

って悠仁はそんなことを言っていたけれど、

それは少し違うよと言いたくなった。

 

 

 

ゆずの音楽が寄り添ってくれるから

ゆずっこのみんなも寄り添っているんだよ。

 

 

 

 

ゆずが、ファンを大事に思ってくれたから、

自分たちの音楽を常に自信を持って届けてくれたから、

いつも全力な2人だから、

ファンも寄り添いたい付いていきたいって思うんだよ。

 

 

 

 

20年、たくさんあっただろうけど、

こうやってたくさんの人に愛され続けて、

確かなものを築き続けてるゆずの2人は

本当に本当にすごいなと思ったし、

2日間ライブを見てきて、

やっぱりやっぱり思うことはこれしかないです。

 

 

 

ゆずっこでよかった。

 

 

 

ゆずが死ぬまでゆずでいると言っていたけれど、

わたしも死ぬまでゆずっこです。

 

 

 

 

愛に溢れた2日間をどうもありがとう。

たくさん休んで、また大阪で愛を届けて

ファンからの愛を受け取ってください。

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

 

 

またあおう。