ぐだぐだ。

毒にも薬にもならないハナシ

腹が痛い

 

 

 

起きてからずっとそんな感じです。

こんにちは。

 

思ったことをありのまま書いていいですか。

書きます。暗い内容かもしれないから読まなくて大丈夫です。

 

 

 

 

最近のわたしの身に起きた出来事は

あんまりよろしくないことばかりで

まあはっきりいって落ちてます。

 

 

 

人と関わることをできるだけ避けたいから

仕事から帰るといつも気づいたら寝てて

そのまま、また仕事に行くという

なんのために生きてるのかと考える暇もない

そんな日常だったんだけど

今日は休みだから、考える暇があるんです。

 

 

 

 

 

なにがあったかと言えば

あんまり言いたくない。

 

 

 

まあついったでちらほら我慢できんくて愚痴ったりもしてるから

おおかたそっちを見てる人はわかるかもだけど。

まあ、そんな感じです。

 

 

 

 

誤解しないでほしいけど

わたし別に死ぬ気は皆目ないです。

 

 

 

 

取るに足らないことだと思う。

大したことはないんだよ。

みんなにとっては、きっと。

 

 

わたしにとってもきっと。

 

 

 

それがどうしてこんなに心を重くするのか

それはやっぱり大したことだから。

 

 

今までの自分の行いが招いたことだということは

重々承知しています。

わたしは自分が正しい人間だなんて

微塵も思ってないわけです。

 

 

 

心が綺麗な人間ではないということも。

褒められた生き方をしていないということも。

 

 

 

すべてわかった上でここにいて

それでいて開き直ってる。

それがきっと気に入らないんだということも。

そういう姿勢がクズなんだということも。

 

 

 

それならそれでいいじゃんと

思う人は思うかもしれないけど

こればかりはもうどうしようもない。

 

 

 

自分が悪いことを知っていても

それはちょっと違うんじゃないかと

どうしたって思ってしまう。人間だから。

 

 

 

 

 

悪いことをしたらバチが当たる。

そんなのわかってる。

 

 

 

でも今までわたしはべつに、

自分の名声のために誰かを陥れようとか

そんなこと一度だって考えたことない。

 

 

ただただそれなりに一生懸命に生きて来て

それ故起こってしまったことに対して

保守的になったりしたことはあったけど

それでも誰かを陥れる為ではなく

すべて自分の身を守る為だけだった。

 

 

 

それがどうして今になって

わたしが大罪でも犯したみたいな

わけのわからない扱いを受けるのか

それがさっぱりわからない。

 

 

 

保守的になってしまったことは

決してよくないことだし

正しい在り方ではなかったけど

それとこれとは違うと思う。

 

 

 

確かにわたしはクズだよ。

言い訳もする。そりゃあするよ。

 

 

 

怒られたくないなんて人間誰しも思うでしょ。

 

 

 

 

クズはクズとして

それは仕方がないとして

それじゃあなに

クズだから傷つけていいっていうのは

なんかちょっと違くない?

 

 

 

 

 

やられたらやり返せ精神ならば

仕方ないかもしれない。

(仕方なくないけど)

 

 

でも、わたしはなにもしてない。

したのかもしれないけど

それは故意にやったわけではないし

わりと一生懸命生きてた。

 

 

そうは見えないかも知れないけど。

自分なりに一生懸命やってた。

 

 

 

 

 

それが返って仇になって

こうなってしまったのはわかってるけど。

 

 

 

それでも誰かを陥れる為じゃない。

それなのになんで?としか

もうそれしか考えられない。

 

 

 

わたしだってわたしのことは嫌いだよ。

こんな人間いたら仲良くなりたくないなと思う。

そのくらいにしか自分のこと思えないし

無価値であることも知ってる。

 

 

 

だから仕方ないのかもしれない。

仕方ないのかもしれないけど、

なんか違うんだよ。

 

 

 

 

今まで面と向かって誰かに言わなかったことを

この間ついに人に話したら

その人は「それはおかしい」と言ってくれて。

 

 

 

 

「人は誰だって人を傷つけていい権利なんかないんだよ」

 

 

 

って。その言葉がたぶん

わたしが一番ほしかった言葉だと思う。

わたしの心の中にあるもの

すべて肯定してくれる言葉だった。

 

 

 

そうだよね、そうなんだよ。

 

 

 

 

誰がわたしをクズだと決めた?

それによって誰が傷つけていいと判断した?

 

 

 

 

って考えると、そこにわたしは

一切関わってない。

 

 

 

だってわたしはクズだって言われて初めて

ああ自分はクズなんだって思ったから。

 

 

 

 

そんな風に言われたことなかったし

まあ自分はそれなりにダメなやつだとはわかってたけど

明確にはっきりクズだなんて

そんなこと言われたことなかった。

 

 

 

 

 

だから、あいつはクズだ

クズだからなにを言ってもいいし

それによって傷ついたとしても

そんなのはクズなあいつが悪い

って、そんな風な超御都合主義的な考えに

わたしは今も苦しめられてるんだなあと

そんなことをしみじみ感じました。

 

 

 

 

 

それで、そんな考えをわたしも

少なからず持っているということに

わたしは気づいたわけです。

 

 

 

その人の行いでなにかを言ったり

機嫌を悪くしたりしてる。

その根本は全て超御都合主義からきてる。

 

 

 

大なり小なり誰にでもあるものだから

わたしも同じ人間だし

それについてなにか言えることは

多分ないんだと思う。

 

 

 

 

 

だから、誰が悪いとか悪くないとか

そういうんじゃなくて

もうそれはそれとして仕方ない。

 

 

 

わたしが今までやってしまったことのバチだと思って

すべて受け入れてくしかないんだなって。

 

 

 

どっちも悪いよ。

わたしももちろん悪いし

相手も悪いから。

 

 

どっちも正しくなかった。それだけの話。

 

 

 

 

でも、わたしが辞めたらどうか

その考えを捨てて欲しいと思う。

 

 

 

わたしに対しては構わないんだけど。

 

 

 

人は無意識に人を殺せるんだよ。

 

 

そんなことをどうかこの先

繰り返さないで欲しいなと

ほんとに思う。

 

 

 

あの職場で人が死んだって聞いても

わたしは特に驚かないと思う。

やっぱりな、と思うくらいで。

 

 

 

 

それはお前がクズだからお前だけだよって

きっと言うのかもしれないけど、

わたし以外にもそうだったし

あなたたちの思うクズ要素を持ってる人間は

わたしだけとは限らないから。

 

 

 

 

クズだから、って考え方は

なにも解決しないし

むやみやたらに人を傷つけるだけだから

そんなものを手放してしまったほうがいい。

 

 

 

 

 

 

でも、悪魔に魂を売ってるあの人たちからしたら

わたしのこんな言葉たちも全て

ばかばかしいことなんだよなあと思う。

 

 

 

伝わらない人には伝わらないんだと思う。

 

 

 

仕方がないんだと思う。

それはそれでいいと思う。

 

 

 

 

わたしが全て悪かったです。ごめんなさい。

といえばそれでいいのでしょう。

 

 

 

言わないけど。

 

 

 

 

 

わたしが言いたいことはとにかく

無意識殺人をやめてくださいってことです。

 

 

 

おわり。