読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだ。

毒にも薬にもならないハナシ

彼もまた特別な存在だからです。

 

 

 

こんばんは。

 

 

 

おじいさんがくれたヴェルタースオリジナル

わたしは嫌いです。

特別な存在ではないからでしょうか。

 

 

 

 

そんなことはさておき。

 

 

 

 

今日、いや昨日の夜はずっとずっと楽しみにしてた後輩とのカラオケオール。

 

 

 

 

ウチの職場は開店前と閉店後に

有線を営業用からJ-POPに切り替えるんですが

それがA26。

 

 

ランキングなので一応土曜で変わるんだけど

大抵いつも同じで。

 

 

毎日毎日聴いてるからもう歌えるんじゃないかと

後輩と有線の曲を順番に歌っていこう!と

意気込んでやったわけです。

 

 

 

結果わからん。(笑)

 

 

 

一位の小沢健二の「流動体について」の

「もしも」のところで無駄に盛り上がりを見せて

他わかるけどわっかんねえ!というぐだぐだに。(笑)

 

 

 

曲名でなにこれなにこれ!?ってなるのに

前奏聴いた瞬間お互い「あーー!!」ってなるの面白かった。

 

 

 

締めに流動体歌って

「もしも」と語尾が上がるとこだけ歌って

他の部分は踊るっていうわけわかんないことをして

メッチャ笑ったんだけど

なんせ連勤明けのわたしでして

なんなら前日4時半に起きて22時まで働いてたくらいで

やっぱ寝るよね。そりゃ寝ますわ。

 

 

 

寝かせねえぞとか言ってたくせぐっすり寝たわ。真っ先に。

 

 

 

 

そんなこんなで別れて、帰ってお風呂入って

寝落ちして起きたら9時。

 

髪の毛乾かしてもっかいねたら12時。

 

 

 

 

そのあと1時間ぐだぐだしてから

ずっと胃の調子が悪いので病院に行ったんだけど

なんやかんやあって結局家の隣のあんまり信用してない医者に行ったわけですが

ストレスの一言で片付けられてなんだかなあと。

 

 

 

そりゃそうかもしれないけどさ。

なんかもっとこう明確な理由が欲しかった。

 

 

 

 

待ち時間パートさんに絶対読んだ方がいいと勧められてた

「君の膵臓を食べたい」読破したんだけど

泣いたよね。泣いたわ。

 

 

 

最後の展開がイマイチで、そうなる?って感じだったけど

でも泣けた。なんか、だめだね。

 

 

 

涙腺弱いなぁ。

 

 

 

 

そのあとはおかちとひさびさごはん。

 

 

 

お互いのことをたくさん話して

ずっと話したくても話せなかったことがあって、

ももう時効かなと思ってやっと話せた。

 

 

 

話せてよかった。

 

 

 

くだらない話も真面目な話もたくさんして

なぜかヴェルタースオリジナルで盛り上がる。

何故なら彼もまた特別な存在だからです。

 

 

 

 

なんていうか自分の中にしか答えはないよね。

 

 

 

正解不正解はその人の主観でしかない。

 

 

 

それに同調できるかどうかなのかなと。

 

 

 

わたしが悪かったのか相手が悪かったのか

そんなのはきっと一生わからないけど

それでもわたしの気持ちに寄り添ってくれたことは

とても嬉しいことなのです。

 

 

 

まぁあれよ、こっちの話。

 

 

 

ひさしぶりにいろんな人と連絡を取って

実現するしないに限らずいろんな約束をして

明日も生きていけるなと希望が湧きました。

 

 

 

仕事辞めること話すとみんな

今までぜんぜん時間なかったもんね

頑張ってたもんね

今より自由になるからね

これから楽しむといいよ

って優しい言葉をかけてくれて

当たり前かもしれないけど

誰もわたしを責めず受け入れてくれるから

周りに恵まれてるなあと実感します。

 

 

 

認めてくれない人たちと日常を共にしてるとね

そんな些細で寛大な優しさが沁みるのです。

 

 

 

友達ってよいね。幸せ。

 

 

 

 

何言ってんだと思うかもしれないけど

大袈裟って思うかもしれないけど

あの職場にいると閉鎖的な気持ちになるのです。

 

 

 

わたしはダメなんだ

わたしはクズなんだ

笑うこともダメなんだ

自分を甘やかすことは悪いことだ

頑張りを認めてもらえないんだから

まだまだ足りてないんだ

つもりじゃダメなんだ

頑張らなきゃダメなんだ

 

 

 

って、そんな風に考えながら

毎日を過ごしてるわけです。

 

 

 

どんなことを考えても

結論は自分が悪いに行き着くのです。

 

 

 

でもね、そんなわたしをね

友達みんな頑張ってるよって

言ってくれるからね

ほっとする。

 

 

 

わたし、ちょっとでもそうやって見てもらえてるんだなって

真実はどうであれ

それでも認めてもらえることは

とてもありがたいことです。

 

 

 

わたしは幸せなんだと思います。

ううん、幸せなんです。

 

 

 

 

5月まできっとこれからいくらでも

悩むかもしれないけど

ちゃんとわかってくれる人がいるから

簡単に投げ出さないで頑張ろうかなと

少し前向きになれたので

明日もぼちぼち頑張りまーす。

 

 

 

 

おやすみなさい。

ウンザリするほど長いです。

 

 

 

 

こんばんは!胃が痛いです!23歳です!どうも!

 

 

 

 

そんなわけでね、やっと!やっと!

終わりました!ホワイトデー。

 

 

 

 

この一言に尽きる。

 

 

 

つかれた!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

毎日どたばたで、人がいない!時間がない!物がない!そんな感じで。

 

 

 

 

帰って寝るだけの一週間だったわけですが。

 

 

 

 

やっと終わって少しスッキリ。

 

 

 

 

 

溜まったストレスは消えないけども。

 

 

 

 

ストレス溜まりすぎて

土曜だか日曜だかご飯食べたらリバースしちゃって

そっからご飯を食べることに恐怖を感じて

ハイチュウばっか食ってたら

見事マイナス4キロのダイエットに成功しました!

 

してないのに!すごい!

 

 

人生は失敗してます!残念!

 

 

 喉の異物感が消えないんですが

なんでしょうこれは。ストレスですか。そうですか。

 

 

そんなこんなで昨日?一昨日?仕事がちーっとも終わらず

てっぺん回っても終わらず結果1時を過ぎまして。

 

 

 

バックナンバーのラジオにゆずが出るとかで

コラボしたサヨナラバス宇宙初オンエアとのことで

聴きながら仕事してて。

時たま一人で笑ったりしてね

完全に怪しい人だったんだけども。

 

 

 

 

 

 

あの、語っていいですか。語ります。語るぞ。

ここ鬼スクロールしてください。長いんで。

たぶんすんとヨシダくらいだと思うんだけど、読んでるの。

 

 

 

あのですね、そもそもわたしがゆずっこになったキッカケがサヨナラバスでして。

 

 

 

あれは小学6年生の時。

(ずっと小5だと思ってたけど小6だったわ。恐らく。)

お兄ちゃんが友達から借りてきた発売したばかりのHomeとGoingを聴いたわけです。(ベストアルバム)

 

 

 

 

正直当時の私はゆずのことを微塵も知らず

夏色さえも知らなかったわけです。

 

 

 

 

栄光の架橋は聴いたことあるけどゆずって誰みたいな。

またあえる日まで=ドラえもんだったわけです。

 

 

 

それをね、サヨナラバスを初めて聴いて

なんだこの曲はと。

 

衝撃的だったわけです。

つまりどストライクだったと。

 

 

同時流行ってたMDウォークマンでね

それはもう何回も何回も聴いて。

 

 

お兄ちゃんのMDカセット(カセットっていうの?あれ)

とにかくゆずが入ってるのがお兄ちゃんので

借りて聴いてたんだけど

あまりに聴きすぎてなかなか返さないから

「俺も聴きたいんだけど返してくれない?」

なんて怒られたりしてね。

 

 

 

聴き込みすぎてボロボロになったからね。

怒られたからね。ウン。

 

 

 

 

何が言いたいかってわたしにとって

サヨナラバスは本当に本当に大切な曲なんです。

 

 

 

わたしがゆずに出会えた一曲であって、

それこそ宝物みたいな曲なんです。

 

 

 

 

 

だから正直いうと、バックナンバーが嫌だとか

そういうことではなく、

本当にそうじゃなくて、

サヨナラバスって曲を

他の誰かと歌うっていうのが

それが音源になるっていうのが

正直あんまりで。

 

 

嫌という程ではないんだけど、

ウーンという感じ。

 

 

 

若干の抵抗感というのかな。

そういうものがありまして。

 

 

 

 

あの、しつこいようだけど、

バックナンバーがどうとかじゃないです。

 

 

サヨナラバスって曲に思い入れがありすぎて

ただただそれだけなんだけど。

 

 

 

 

 

だからまぁあんまり期待はしてなかった。

 

 

 

 

 

けど!けど!!!!

 

 

 

蓋を開けてみればなんだこれは!!と。

前奏からもう鳥肌モンでした。

 

 

 

思い出したよね。小6のあの瞬間を。

初めてサヨナラバスを聴いたあの瞬間を。

パソコンの前で、なにをしてたかサッパリ覚えてないけど、

なんとなく聴いてたゆずのアルバムで流れたサヨナラバス

あの時の衝撃を

あの時の実家の風景まで鮮明に。

 

 

 

 

ちょっと泣きそうになりましたもん。

 

 

 

 

バックナンバーの人たちが本当に本当に

この曲を愛してて大好きなんだなって

楽しく歌ってるんだなって

楽しく演奏してるんだなって

伝わってきてものすごい感動した。

 

 

語彙力がなさすぎて伝わらないかと思うけど

ここまで思い入れがある人のね

気持ちをここまで鷲掴みにするのって

すごいことだよなあって。

 

すごい上からみたいになってるけど

あの正直な感想なんです。

 

 

 

 

まあわたしもゆずっこになって10年以上経つとか言ってるけど

正直5周年の時のベスト盤聴いてファンになったような

それこそ路上時代から応援してるような人たちにとったら

まだまだぺーぺーかもわからんのですが

結構長いこと好きでいるわけです。

(いやでもデビューしたとき3歳だし。)

 

 

 

そんなファンもね、感動してしまうような曲にするのって

凄まじいことなんです。わたしからすれば。

 

 

 

 

 

結論は、ゆずイロハ、楽しみですって話でした。

 

 

 

語り終わり。語り足りないんだけど、

ここらで終わらせる。

 

 

 

 

ホントは言いたいことがたくさんあって、

うん、ホントにたくさんあるのです。

いや、あの言おう、書こう。この際。

 

 

 

 

 

 

あの、わたし、飽き性なんです。

長続きするものってあまりなくて

それこそ音楽も割と聴き続けると飽きるし

どんなに名曲でもハマってた曲でも

聴きすぎてなんかなとなる人なんです。

 

みんなそうかもわからんけど。

 

 

 

 

でもゆずだけは、この12年間

一切色褪せることなくわたしの中にあって

 

 

どんなに途中他のミュージシャンにハマっても

結果帰ってくる場所はココで。

 

 

 

いくら聴き飽きたなーなんて思っても

暫く経つとやっぱりココだなって。

 

 

 

さいきんゆず飽きたなーなんて言ったりしてても

すぐまたけろっとサイコーとか言ってるわけです。

 

 

 

そんなことを長年繰り返してきて

もう飽きる飽きないの次元にきたというか

これ結構言ってることなんだけど

わたしにとってゆずは家族みたいなもので。

 

 

 

昔は酸素って言ってたんだけど

でもそれってなくならないとありがみに気付かないものだよなって

あって当たり前だと思ってしまうものだなと。

 

 

 

それは違うなって。

 

 

 

 

わたしの中で家族は絶対であり唯一無二で

飽きる飽きない関係なく愛してる存在なんです。

 

 

 

 

だからゆずはわたしにとって家族くらい大切な存在なんです。

 

 

 

 

 

そんなゆずが20周年を迎えて

たくさんの人に愛されて

たくさんの人が憧れを抱いて

ゆずがいたからミュージシャンになりましたっていう人がいて

その人たちと一緒に歌って

それをこうやってファンが聴けて

この上ない幸せだなと。

 

 

 

 

生きててよかったって思いました。

 

 

 

 

わたしからゆずを取ったら

もう一切なにも残らないので

しいていうなら肌の白さくらいなので

だからね、ホントにホントに

感謝してもしきれないくらいのものを

ゆずからたくさんもらっているので

この気持ちを持ってドームツアー楽しみます。

 

 

 

 

それがあるからね、今はまだ立っていられる。

5月まで駆け抜けたいと思います。

 

 

 

以上。

 

 

 

締まらない終わりですがホントに終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、今日は休日で

ぐったりしてたら美容院の時間まで暇だからと

暇人あびこに捕まったので

コメダ行ってきましたん。

 

 

 

 

会社のことをたくさん愚痴ったら

とてもスッキリした。

 

 

 

 

改めてあの会社は狂ってると実感しました。

 

 

 

 

そのあとあびが美容院に行ってしまったので

本屋とマツキヨをぷらぷら。

 

 

 

 

おウチでぐったりしてまたあびと合流して

ご飯してきました。今日はたくさん話したなという感じ。

 

 

 

 

そのあとなんかもうストレス溜まりすぎてあかんので

1時間ヒトカラしたのち、ゆうゆうランド行って

炭酸泉に浸かってきました。

 

 

 

癒された………。

 

 

 

 

疲労困憊な体に温泉が沁みる……。

 

 

 

 

歳かな。

 

 

 

 

そんな休日でした。

明日は5時起きなので寝ますん。サラバ。

予定狂いまくりのいちにち

 

 

 

こんばんみ。

 

 

 

 

 

わたしの今日の予定は午前中に起きて

実家に帰ってお母さんとのんびり過ごすはずだったのですが

まず夜全然眠くならず

ずっとつべでハロ動画見てたらまさかの朝の7時。

 

 

すっかり午前中になっていたというわけでして。

 

 

2時間くらい仮眠して行くかと考えて

眠りについたはいいものの、

突如猛烈な腹痛に襲われ

目が覚めてしまいそこから1時間悶え苦しみ

やっとイヴが効いてきたと思ったら

そのまま15時近くまで

ぐっすり眠りこけてしまいすべて台無しに。

 

 

と、そんな始まりでした。

 

 

 

 

いろいろ支度して電車に乗ったはいいものの

ぼんやりしてたらなぜか乗り過ごし

予定より大幅に遅れて実家に。

 

 

17時半から病院だったので

そのまま病院に。

 

 

 

先生に仕事を辞めることにしたと報告したら

「それはどうして?」と聞かれて。

 

 

 

「ゆずライブ行けないからです」

 

 

 

とは、もちろん言えず。

 

 

 

 

「えっと……人間関係ですかね」

 

 

と答えたらカルテに「人間関係」と書かれました。

 

 

 

先生「仕事辞めてどうするの?」

わたし「とりあえず実家に帰ります」

先生「(カルテに実家と書く)実家はどこだっけ」

わたし「こっちです。富士見市です」

先生「(実家の下に(富士見市)と書く)」

わたし(それ書く必要あるのかな)

 

 

 

 

 

そんなこんなで無事終わり

帰ってお母さんとカラオケ行ってきました。

 

 

 

1時間のはずが2時間半もいた。

楽しかったぞい✌︎

 

 

 

お父さんがお家まで車で送ってくれて、

その間にいろいろと話して

心のモヤモヤが晴れた感じ。

 

 

 

お家のこともいろいろ話し合って

とりあえず今後のことはゆっくり決めて行くとして

ほどほどに頑張ろうかなと。

 

 

 

 

つべでずっとこぶしファクトリー聴いて

わたしも希望を捨てずに頑張っていけたらなと。

 

 

 

 

勇気もらえます。

 

 

 

 

一個ダメになったからといって

人生が終わるわけではないのだなと。

 

 

 

 

まあ結局のところそういう職場でしかないんだなと。

必死でしがみつく価値もない場所だし

わたしの人生において

何の意味もないことを実感したので

別に恥ずかしいことではないんです。

 

 

 

「仕事辞めてとりあえずバイトして次を探せばいいやみたいなそんな甘い考え方は捨ててください」

 

 

 

とシェフはそう言いましたけどね

そういう価値観の押し付けがまず違うと思う。

 

 

 

 

人の生き方をあなたに決める権利はないんです。

あなたの通りに生きなきゃいけない決まりなんて

この世にはないんです。

 

 

 

 

あなたはわたしのなんですか。

親でもないでしょう。

親のような無償の愛をくれたわけでもないでしょう。

恩師でもないでしょう。

尊敬できるようなことをしてくれたわけではないでしょう。

 

 

 

少しでも恩義を感じているならと

勘違いも甚だしい発言をするのであれば

人の悪口を平気で横で言ったりはしないはずです。

 

 

 

人の粗探しばかりして

見つけたらここぞとばかりに攻めて

人格そのものを否定したりもしないでしょう。

 

 

 

 

あなたはわたしにとって

なんでもないんです。

なんでもない。何者でもない。

 

 

 

無関係な人間なんです。

 

 

 

なのでなにも言われる筋合いなどありません。

わたしの生き方はわたしが決めるんだから。

 

 

 

 

 

人をばかにすることしか出来ないのであれば

それでいいんですけど

他人の生き方に口出しまでしないでほしい。

 

 

 

 

バカにしか見えないので。

 

 

 

 

正社員がなによ。フリーターがなによ。

それのなにが違うの。

 

 

働いてお金を稼いでるという事は同じじゃないか。

 

 

 

 

それがたとえ世間一般の常識で

常識知らずと言われたとしても

みんな頑張ってる事は事実なんだから

否定なんてできないでしょうに。

 

 

 

 

自分の子供がもし社会に出て心折れて

フリーターになったとして

全く同じことが言えるの。

 

 

言えないと思うけど。

 

 

 

 

知らないけど。

 

 

 

 

人からしたら滑稽でも

ばかばかしくても

負け犬って思われても

わたしはわたしの生き方があるから

言い訳と思われても

強がりと思われてもいいや。

 

 

 

 

 

お父さんに辞めた後輩の話をしたら

得意不得意があるのは誰だって同じだし

そこを上がカバーしなくちゃだめだよねって言われて

この親の元に生まれて本当に良かったと思った。

 

 

 

理解がある人は偉大だなと

しみじみ思います。

 

 

 

 

つまらない大人にならないように

わたしも日々精進したい。

 

 

 

 

 

がんばる。

 

 

 

おわり。

最近のこと。

 

 

 

望んでもない日にお休み入れられたので

謎の連休で暇を持て余してるのでブログでも書こうかなと思い立ちましたコンニチハ。

 

 

 

 

 

またひとり、後輩が辞めました。

 

 

 

 

この子、辞めちゃうかな。だめかな。って

思ってた子だったからやっぱりなと言う気持ち。

 

 

 

 

今までのこと見てきて、

辛いだろうな、わかるなとは思ってたけど、

それでもやっぱり

ロッカーを空にして、鍵だけ置いて、

なにも言わずにいなくなった人の事

庇ってやれるほどの器の大きさは

わたしにはないなあ。

 

 

 

 

辛かったのは痛いほどわかるし、

辞めたくなるのもわかる。

 

 

 

 

それほど辛い境遇にいた子だから。

 

 

 

それでもその辞め方はないでしょうに。

 

 

 

社会人として、二十歳を超えた大人として、

どうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

でもそういう風にさせたのは会社側だし、

上の人の冷たい対応を嫌という程見てきた身としては、

その子ばかり責めてるのを聞いてると

それもまた違うんじゃないかなとも思う。

 

 

確かにばっくれはよくないことだし、

絶対にやってはいけないことだけど、

どちらが正しいとかではなく、

どちらも悪いって考えられないんだから、

ここの人たちは一向に変わらないし、

きっとこれならいくらでも

こんな風に辞めてく人が出てくるんだろな

って痛感した。

 

 

 

 

 

そんな職場にいて誰が幸せになれるんだろ。

誰を幸せにできるんだろ。

 

 

 

 

わたしは確かにクズだから、

人並みすらいかないくらいだけど、

意地悪でも甘やかさないでいてくれたから、

今以上にクズにならずに済んだのかもしれないって

そう思うとよかったとは思うけど、

やり方がもう少し違ったら、

メンタルクリニック通うほどには

ならなかったんじゃないかなとも思う。

 

 

 

 

 

人を悪く言う前に

自分自身を見直してみてはと

思うことがたくさんある。

 

 

 

わたしなんかに言われたくないとは思うけど、

偉そうに言うなら、どうかもう少し

もう少しだけ尊敬させてください。

 

 

 

 

 

小さい人間だなと言ってたけど、

あなたたちは違うんですか?

なにが違うんですか?

 

 

 

 

 

わたしはハートが強いわけではなく、

あなたたちに興味がないだけです。

 

 

あなたたちの評価に興味がないだけです。

 

 

 

 

言い訳だとか、負け犬の遠吠えだとか、

そんな風に捉えるかもしれませんが、

わたしからしたらくだらない大人たちだと思うくらいで、

興味など微塵も湧きません。

 

 

 

 

確かにわたしは散々クズなことをしてきて、

じぶんでもどうしようもないと思うけど、

こんなこと言えた立場ではないけど、

わかってはいるんだけど、

いい加減現状に目を向けて見ては?

 

 

 

 

じぶんたちが一ミリでも悪かったって

人をクズ呼ばわりしてじぶんを守る前に

じぶんたちの振る舞いを見直して

もう一度考え直してほしい。

 

 

 

わたしがクズなのはわかってるから。

わかりきってるから。

 

 

 

それでもその考え方を変えてほしい。

 

 

 

 

このままじゃいつか、誰か死んじゃうと思う。

 

 

 

 

クズの一言で片付けないで。

クズにもクズなりに頑張ってること、

少しでもいいから、ほんの少しだけでいいから、

理解してほしい。

理解するフリでもいいから。

 

 

 

排除するんじゃなく歩み寄ることが

どうしてできないんですか。

 

 

 

 

わたしにはわからない。

 

起死回生

 

 

こんばんは。

 

 

 

 

昨日の夜いろいろ考えてたら寝付けなくて

朝方まで起きてやっと眠れたのに

午前中に目が覚めて絶望したわたしです。

 

 

 

 

息苦しい思いは続くのかなと思ったら

どうにもこうにもいかなくて。

ご飯食べる気力さえなくて

ただただお腹ばかり痛かったんだけど

すんがぜんぶ吐き出していいよって言ってくれたから

言いたいことすべて吐き出したらスッキリした。

 

 

 

発想の転換は大事だなあと

実感したし強く生きねばなと。

 

 

 

グラグラグラグラ訳のわからない思いで

自分を見失って押しつぶされそうになってたけど

考え方を変えればなにも悩むことないなあって。

 

 

 

わたしにはわたしのやりたいことがあって、

会いたい人がいて帰りたい場所があって

だから大丈夫だなって。

 

 

 

 

5月に一度死んで、また生まれ変わるくらいの気持ちで

頑張って行けばよいのかなと

そんな風に思えたので。

 

 

 

 

わたしは確かに社会人としてなってない、

社会不適合者かもしれないけど、

中身はどうであれ、

他人の評価はどうであれ、

それでも3年間やり通したことは、

誇れることなのかなって思えるようになったから、

もう少し顔を上げて生きたい。

 

 

 

 

 

未来に向けて、がんばる。

 

 

 

 

 

明日からが勝負だ。

 

 

ちきんは頑張ります。

すんがいるからね。大丈夫なんです。

 

 

強く生きるよ。

 

 

 

 

おやすみなさい。

逃げるは恥だが役に立つ

 

 

 

 

そんな感じです。コンバンハ。

 

 

 

 

わたしの人生で2度目の挫折ですたい。

 

 

 

1度目は中学生の時。

三送会の演劇でぶりっこの役をやることになって

どーーしてもやりたくなくて、

どーーーしてもできなくて、

悩んで悩んで辞めたいですと打ち明けた時が

人生で初めての挫折であり決断だったけど、

今日2度目の挫折と決断をしてきました。

 

 

 

 

そんなわけで5月に仕事辞めます。

お話ししてきました。

 

 

 

 

中途半端だけど、それが自分のベストタイミングなので。

 

 

ここ最近本当に毎日生きてる意味がわからない。

自分の存在意義がわからない。

息するのさえ悪い気がして毎日お腹と胃が痛くて

苦しくて仕方なかったんだけど、

もういいんじゃないかなって。

 

 

意地張っても仕方ないんじゃないかなと。

 

 

 

ほんとは1年間やり通すつもりでいたけど、

でも、もうだめだなって。

 

 

 

 

 

だって、ゆずのライブ行けないんだもん。

 

 

 

 

え、そこ?って思うかもしれないけど、

人からしたらくだらないことなのかもしれないけど、

わたしの生きてる意味ってなんだろう?って考えたら、

ゆずがいるからって結論に至って、

それを奪ってまで苦しむことないじゃん。

 

 

 

 

ゆずのみ行けなかったことがわたしの中で、

今でもずっと大きな後悔で、

映像見ただけで泣けてくるくらいの大事なので、

人からしたらくだらなくても、

わたしにとっては大きなことなんです。

 

 

 

だから、理由は言わなかったけど、

たぶん理由なんてどうでもいいだろうし、

お互いの利害が一致してればそれで良いかなと。

 

 

 

死にたいって思いながら生きていくことに

もう疲れた。疲れたよ。

 

 

 

 

嫌われることに慣れたくない。

悪口聞きながら平気なフリする毎日ならもう手放してもいいじゃないか。

 

 

 

 

だってわたしのこと必要として愛してくれる人は

ちゃんと他にいるもんなって。

 

 

 

 

くだらなくてもばかばかしくても、

唯一生きててよかったなって思える瞬間だから、

大事にしなきゃだめだよな。

 

 

 

 

そんなこんなで今日お休みだった後輩に、

1番信頼してて唯一わたしの悩みを打ち明けてる後輩だから、

他の人から聞く前に言おうと思って、

ラインしたらご飯いきませんか?って言われたから

ご飯してきた。

 

 

 

 

 

たくさん話して、わたしの心の支えはこの子だったなってほんとに思った。

 

 

 

あの子がいたからわたし頑張れたし、

辛くても笑ってられたんだなって。

 

 

 

あの子がいなかったらどうなってただろう?って思うくらい

大きな存在だったなって。

 

 

 

 

 

いてくれてよかった。

辞めるときにちゃんと伝えるけど、

あの職場で唯一の救いだった。

 

 

 

 

 

 

この先どうなるかわからないけど、

真っ当な大人になれるように頑張ります。

 

 

 

 

すんがいいよって言ってくれたから

それでいいんだと思います。

 

 

 

 

それでいいんだって思えたよありがと。

 

 

 

リスタート頑張る、、とりあえずあと2ヶ月駆け抜ける。

 

 

 

 

 

頑張れ。頑張る。

あしたはホリデーなのでまったりします。

 

 

 

おわり。

腹痛はともだち

 

 

 

 

だとずっと思ってたんですけどねえ。

ここさいきんなんだかいつもよりお腹の調子がおかしい。

 

 

そんなわけでビオフェルミンが手放せないそんなわたしですコンバンハ。

 

 

 

 

今日はなんの日?なになに?富士山の日だって?

 

 

 

 

ノンノン、ぴのさんが処女作「ハナウタ」を投稿した日ですよ!

 

 

 

 

めでたいネ。🎉🎉🎉

 

 

 

 

 

 

いつもたくさんの元気と笑顔と幸せを

ありがとうございます🙏

 

 

 

 

言葉にすると嘘くさくなるけど

ほんとぴのさんがいてくれて

ぴのさんの音楽に出会えて幸運だなと思います。

 

 

 

 

 

そんな今日は仕事終わりに

元バイトの子がいま静岡に住んでるんだけど、

埼玉に来てるというのでご飯してきました。

 

 

 

静岡といえばうなぎパイ

 

 

 

うなぎパイといえばうなぎパイストラップじゃないですか。

わたしの中ではね。そうなんす。

 

 

 

それで静岡出身なので、彼女は。

わたしが食玩が好きなことを熱弁したのちに

静岡に帰った際は是非わたしにストラップをと。

 

 

まぁ前々から頼んでたわけです。

 

 

 

そしたら本当に買って来てくれて。

わざわざ持って来てくれて。

 

 

 

 

テンション上がりまくり。

 

 

 

 

f:id:ykh01014:20170223225308j:image

 

 

 

 

その昔静岡に行った時に買ったやつが

もうぼろぼろで、飾る用にほしくて、

ずっとほしくて中々出会えなかったので、

本当に嬉しい。

 

 

帰って即開けて即飾りました😇

 

 

 

f:id:ykh01014:20170223225441j:image

 

 

 

 

埼玉銘菓、うまい!うますぎる!十万石饅頭

のストラップがわたしは今とても欲しいので

手に入る日まで頑張ります。気分は目指せポケモンマスター。

 

 

 

 

今日の敵は明日の友なんです。

そう、つまりそういうことです。

 

 

 

今日の友は明日も友達なんです。

そうさ、永遠に。ええ。

 

 

 

 

なにが言いたいかって?

お腹、痛いです。YES。

 

 

 

おやすみなさい。