読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだ。

毒にも薬にもならないハナシ

君に会えてよかった

 

 

 

ゆずイロハ東京公演2days

無事に終わりました。終わってしまいました。

 

 

ゆずが歩んできた20年のすべてが

詰め込まれてたライブだったし、

ゆずっこの愛が溢れてた空間だった……。

 

 

 

 

 

1日目、きっと泣くんだろうななんて

ぼんやり考えてたら

ゆずが出てきて、一曲目を歌った瞬間から

訳もわからず泣いてしまって

あ、やばい。と思って(笑)

 

 

でも止まらなくて、

ゆずが大好きだって気持ちが溢れて

もうこれは止めなくていいやって

泣きながらずっと聴いてた。

 

 

 

 

 

泣いて笑ってはしゃいで歌って踊って

楽しいって言葉だけじゃ言い表せないくらい

濃い1日でした。

 

 

 

2日目は、とりあえず席が神すぎて

 

 

f:id:ykh01014:20170522130327j:image

 

 

前から2番目という、ゆずライブ史上初の近さでした。

 

 

 

 

1日目散々泣いたし、

セトリもわかってたから、

今日は泣かずに見れると思ったら

泣いた。まんまと、泣かされた。

 

 

 

 

 

 

悠仁が最後のMCで言っていたこと、

だいたいだけど

 

 

「ゆずをやってて、1番くそったれって思うのは、あの時はよかったって言われることで、そうやって思わせたくなくて、今が1番最高だって思ってほしい。今日だって最高だっただろ?

 

ゆずのファンでよかったって思ってもらえるようにこれからも全力でやっていくので、みんなも付いて来いよ」

 

 

 

そんなことを言っていて

なんていうか、この人たちを好きになって

本当によかったなって。

 

 

 

語彙力がなくて、うまく言えないけど、

わたしはこの先ゆずを離れることはないし、

もし万が一そんなことがあったとしても、

悠仁がそんな風に思っていてくれる以上、

絶対またここに戻ってこれるはずだって

そうやって思えることができました。

 

 

 

 

わたしが音楽で泣くのは

ゆずの曲だけです。

 

 

音楽で泣かされたのは

ゆずが初めてなんです。

 

 

 

きっとこんなに心に響く音楽は

ゆず以外ないなと思うんです。

 

 

 

 

 

 

おこがましくも自分たちの音楽はみんなに寄り添えてると思ってたけど、

20周年を迎えて思うことは自分たちの音楽に寄り添ってくれてたのはゆずっこのみんなだった。

 

 

 

って悠仁はそんなことを言っていたけれど、

それは少し違うよと言いたくなった。

 

 

 

ゆずの音楽が寄り添ってくれるから

ゆずっこのみんなも寄り添っているんだよ。

 

 

 

 

ゆずが、ファンを大事に思ってくれたから、

自分たちの音楽を常に自信を持って届けてくれたから、

いつも全力な2人だから、

ファンも寄り添いたい付いていきたいって思うんだよ。

 

 

 

 

20年、たくさんあっただろうけど、

こうやってたくさんの人に愛され続けて、

確かなものを築き続けてるゆずの2人は

本当に本当にすごいなと思ったし、

2日間ライブを見てきて、

やっぱりやっぱり思うことはこれしかないです。

 

 

 

ゆずっこでよかった。

 

 

 

ゆずが死ぬまでゆずでいると言っていたけれど、

わたしも死ぬまでゆずっこです。

 

 

 

 

愛に溢れた2日間をどうもありがとう。

たくさん休んで、また大阪で愛を届けて

ファンからの愛を受け取ってください。

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

 

 

またあおう。

 

新しい朝

 

 

 

 

こんにちは。

 

ついについに、5月19日付でお仕事を辞めました。

 

 

 

2014年の3月21日から、

3年2ヶ月、ずっとやってきて、

本当にいろんなことがあって、

良いことも、嫌なことも、たくさんあって。

 

 

唯一尊敬して慕ってた先輩が辞めたり、

男の同期がバックれたり女の同期が胃潰瘍になって辞めたり、

後輩がバックれたり、後輩がバックれたり、後輩がバックれたりしたけど、

わたし自身辞めよう、むしろ死のうと思ったことも何十回とあるけれど、

今にして思えば良い経験だったのではないのかなと。

 

 

 

決して良い終わり方ではなかったかもしれないけど、

わたしは、わたし自身が思ってた以上に、

たくさんの支えの中で立っていたんだなということを

辞めてからやっと実感しました。

 

 

 

ひとりではなかったんだなと。

 

 

 

辞める人に対して悪くいうことはないかもしれないけど、

パートさんや後輩にお手紙をいただいて、

わたしが相手に対して思っていたようなことを

相手も思っていてくれたんだなってことを知って、

ほっとしたというか、救われました。

 

 

 

わたしは本当に口だけで大したことない人間だし、

こういう風になってしまったのは

誰のせいでもなく自分のせいだということも承知していて、

それをわかった上でも辛いことはたくさんあったけれど、

わたしの存在に少なからず、本当に微々たるものでも

救われていた人もいたんだなと。

 

それを知って、少なからず

わたしの存在意義はあったんだなと。

 

間違ったこともたくさんしてきたけれど、

全てが間違いでは決してなかったんだなと。

 

 

 

それが嘘か本当かなんてわからないけれど、

それでもそういう言葉をもらえたことは

わたしのこの先の人生の糧になるし、

ものすごく元気をもらえました。

 

 

 

 

どんな人生を歩むかは全て選択の結果です。

良い経験も、悪い経験もこの先の人生の糧にきっとなるから、

やってきたことに無駄なことなんてないんだよ。

 

 

という言葉をいただいて、

わたしはなにも悪いことなんてしてないし、

こうなってしまったことを悲観したりしなくていいんだなと思いました。

 

 

 

それでも昨日、ゆずのライブを見ながら、

3年前の就職する前に行ったライブの時、

もしかしたらこれからゆずのライブに

こんな風に気軽に来れなくなるかもしれない

当たり前のように手に入られてた幸せすら

もう手に入らないのかもしれないって

泣いてた自分を思い出して、

わたしは、なにをしてきたんだろうと

ふと頭をよぎってとてつもなく泣けてきたんだけど、

その時にこの言葉を思い出して、そうだよなって。

 

 

わたしは、わたしが選んだ道を全うしたし、

誰がなんと言おうとできることはやってきた。

 

 

その結果やっぱり大事なことがあったってだけで、

なにも悪くない。後ろめたくなんかない。

 

 

 

どうやったって分かり合えない部分はあるし、

それでも寄り添ってくれる人はちゃんといて、

当たり前じゃないものをたくさんいただいてきて、

それと同じようにわたしも少しでも誰かに与えることができていたんだなと

そんなことを知れたので、

それはとてもプラスなことだと思います。

 

 

 

この3年間で自分のダメな部分を嫌という程思い知らされて、

もがき続けて、変わり続けながら

変わらない部分もどうしてもあって、

ひたすらがむしゃらに走り続けたけど、

失ったものはなにもないし、

むしろ得たものの方が大きいです。

 

 

 

 

もっと自信を持っていいんだよと言ってくれた言葉も

一生懸命なのわかってるよと言ってくれた言葉も

頑張らなくてもいいんだよと言ってくれた言葉も

全てわたしの支えでした。

 

 

 

自分に自信を持つことは、

わたしには少し難しいことだけれど、

それでも前を向いて歩きたいと思います。

 

 

 

今までたくさんたくさん悩みを聞いてくれて、

一緒に怒ってくれて、

笑いに変えてくれて、

支え続けてくれたみんなに、

心の底から感謝しています。

 

 

 

ちっぽけな人間だけれど、

だからこそ、みんなの存在が、

わたしの力だったんだなと、

そう思います。

 

 

本当に本当にありがとう。

 

 

 

それから、すんへ。

 

 

 

わたしの下らない悩みも、

どうでもいい愚痴も、

口を挟むことなく、

全て聞いてくれてありがとう。

 

 

わたしが欲しい言葉をくれてありがとう。

 

 

 

すんがいたから、わたしは頑張ってこれたし、

すんがいなきゃ、とっくに辞めてたと思う。

 

 

 

お互い色々あるけれど、

これからもうぃんうぃんで、

かつ紙一枚のぺらぺらの関係でいようね。

 

 

 

 

とりあえず、自分におつかれさまと言いたい。

そして、頑張れよとも。

 

 

 

この先どうなるかはわからないけれど、

マイペースにのんびりやってきます。

 

 

 

 

それから、最後に、

ここを見ることはきっとないけれど、

職場の一部の人たちへ。

ありがとうございました。

 

大嫌いです。

 

 

 

 

 

 

おわり。

明日よ自由なれ

 

 

 

こんばんは。

 

 

 

タイトルはたまたま今、

ふくろを聴いてたからです。

 

 

 

僕らしく君らしく なんてね

 

 

 

 岩沢文学はわたしにいつも元気と勇気をくれます。

君よ永遠なれ。

 

 

 

そんな気持ち。

 

 

 

 

今日はお母さんと約束してたので

一緒にゆずイロハカフェに行ってまいりました。

 

 

今日から第2弾メニューが始まったのでね、

早速行ってきたわけです。

 

 

 

今日の昼間考えてたことは

一切合切忘れてゆずモードにシフトチェンジして

行ってまいりました東京都は渋谷区。

 

 

 

 

 f:id:ykh01014:20170510230002j:image

 

 

 

わたしはずっとこれが頼みたかったんです。

 

 

 

第2弾メニューの

見上げてごらん夜空の星をカレー

 

 

 

 

店員さんがそのままちゃんと注文を読み上げたので

なんか感動した。

 

 

 

 

いつぞやゆずくんが仕事でメイド喫茶に行った時

悠仁が真面目に「みっちゅじゅーちゅ」と

メニュー通りに読み上げたら

「ミックスジュースですね」と冷静に返されて

憤ったという話を思い出して

なるほどなと。(なにが?)

 

 

 

 

 

そんなこんなで前回は1人じゃできなかったので

思う存分ゆずくんと一緒に写真撮って

はしゃぎ倒してきた。

 

 

 

あとあと写真見たら

なんかすごい幸せそうな人写ってた。

あ、わたしなんだけども。

 

 

 

 

 

f:id:ykh01014:20170510230500j:image

 

 

 

読売新聞も買ったし、タワレコのフリーペーパーももらってきたし

ゆずイロハカフェもいったし

ゆず充した1日でした。

 

 

 

幸せとはこういうことをいうんですね。

 

 

 

 

ふふふ。

 

 

 

 

 

部屋の掃除、しなきゃな。

 

 

 

 

おわり。

 

腹が痛い

 

 

 

起きてからずっとそんな感じです。

こんにちは。

 

思ったことをありのまま書いていいですか。

書きます。暗い内容かもしれないから読まなくて大丈夫です。

 

 

 

 

最近のわたしの身に起きた出来事は

あんまりよろしくないことばかりで

まあはっきりいって落ちてます。

 

 

 

人と関わることをできるだけ避けたいから

仕事から帰るといつも気づいたら寝てて

そのまま、また仕事に行くという

なんのために生きてるのかと考える暇もない

そんな日常だったんだけど

今日は休みだから、考える暇があるんです。

 

 

 

 

 

なにがあったかと言えば

あんまり言いたくない。

 

 

 

まあついったでちらほら我慢できんくて愚痴ったりもしてるから

おおかたそっちを見てる人はわかるかもだけど。

まあ、そんな感じです。

 

 

 

 

誤解しないでほしいけど

わたし別に死ぬ気は皆目ないです。

 

 

 

 

取るに足らないことだと思う。

大したことはないんだよ。

みんなにとっては、きっと。

 

 

わたしにとってもきっと。

 

 

 

それがどうしてこんなに心を重くするのか

それはやっぱり大したことだから。

 

 

今までの自分の行いが招いたことだということは

重々承知しています。

わたしは自分が正しい人間だなんて

微塵も思ってないわけです。

 

 

 

心が綺麗な人間ではないということも。

褒められた生き方をしていないということも。

 

 

 

すべてわかった上でここにいて

それでいて開き直ってる。

それがきっと気に入らないんだということも。

そういう姿勢がクズなんだということも。

 

 

 

それならそれでいいじゃんと

思う人は思うかもしれないけど

こればかりはもうどうしようもない。

 

 

 

自分が悪いことを知っていても

それはちょっと違うんじゃないかと

どうしたって思ってしまう。人間だから。

 

 

 

 

 

悪いことをしたらバチが当たる。

そんなのわかってる。

 

 

 

でも今までわたしはべつに、

自分の名声のために誰かを陥れようとか

そんなこと一度だって考えたことない。

 

 

ただただそれなりに一生懸命に生きて来て

それ故起こってしまったことに対して

保守的になったりしたことはあったけど

それでも誰かを陥れる為ではなく

すべて自分の身を守る為だけだった。

 

 

 

それがどうして今になって

わたしが大罪でも犯したみたいな

わけのわからない扱いを受けるのか

それがさっぱりわからない。

 

 

 

保守的になってしまったことは

決してよくないことだし

正しい在り方ではなかったけど

それとこれとは違うと思う。

 

 

 

確かにわたしはクズだよ。

言い訳もする。そりゃあするよ。

 

 

 

怒られたくないなんて人間誰しも思うでしょ。

 

 

 

 

クズはクズとして

それは仕方がないとして

それじゃあなに

クズだから傷つけていいっていうのは

なんかちょっと違くない?

 

 

 

 

 

やられたらやり返せ精神ならば

仕方ないかもしれない。

(仕方なくないけど)

 

 

でも、わたしはなにもしてない。

したのかもしれないけど

それは故意にやったわけではないし

わりと一生懸命生きてた。

 

 

そうは見えないかも知れないけど。

自分なりに一生懸命やってた。

 

 

 

 

 

それが返って仇になって

こうなってしまったのはわかってるけど。

 

 

 

それでも誰かを陥れる為じゃない。

それなのになんで?としか

もうそれしか考えられない。

 

 

 

わたしだってわたしのことは嫌いだよ。

こんな人間いたら仲良くなりたくないなと思う。

そのくらいにしか自分のこと思えないし

無価値であることも知ってる。

 

 

 

だから仕方ないのかもしれない。

仕方ないのかもしれないけど、

なんか違うんだよ。

 

 

 

 

今まで面と向かって誰かに言わなかったことを

この間ついに人に話したら

その人は「それはおかしい」と言ってくれて。

 

 

 

 

「人は誰だって人を傷つけていい権利なんかないんだよ」

 

 

 

って。その言葉がたぶん

わたしが一番ほしかった言葉だと思う。

わたしの心の中にあるもの

すべて肯定してくれる言葉だった。

 

 

 

そうだよね、そうなんだよ。

 

 

 

 

誰がわたしをクズだと決めた?

それによって誰が傷つけていいと判断した?

 

 

 

 

って考えると、そこにわたしは

一切関わってない。

 

 

 

だってわたしはクズだって言われて初めて

ああ自分はクズなんだって思ったから。

 

 

 

 

そんな風に言われたことなかったし

まあ自分はそれなりにダメなやつだとはわかってたけど

明確にはっきりクズだなんて

そんなこと言われたことなかった。

 

 

 

 

 

だから、あいつはクズだ

クズだからなにを言ってもいいし

それによって傷ついたとしても

そんなのはクズなあいつが悪い

って、そんな風な超御都合主義的な考えに

わたしは今も苦しめられてるんだなあと

そんなことをしみじみ感じました。

 

 

 

 

 

それで、そんな考えをわたしも

少なからず持っているということに

わたしは気づいたわけです。

 

 

 

その人の行いでなにかを言ったり

機嫌を悪くしたりしてる。

その根本は全て超御都合主義からきてる。

 

 

 

大なり小なり誰にでもあるものだから

わたしも同じ人間だし

それについてなにか言えることは

多分ないんだと思う。

 

 

 

 

 

だから、誰が悪いとか悪くないとか

そういうんじゃなくて

もうそれはそれとして仕方ない。

 

 

 

わたしが今までやってしまったことのバチだと思って

すべて受け入れてくしかないんだなって。

 

 

 

どっちも悪いよ。

わたしももちろん悪いし

相手も悪いから。

 

 

どっちも正しくなかった。それだけの話。

 

 

 

 

でも、わたしが辞めたらどうか

その考えを捨てて欲しいと思う。

 

 

 

わたしに対しては構わないんだけど。

 

 

 

人は無意識に人を殺せるんだよ。

 

 

そんなことをどうかこの先

繰り返さないで欲しいなと

ほんとに思う。

 

 

 

あの職場で人が死んだって聞いても

わたしは特に驚かないと思う。

やっぱりな、と思うくらいで。

 

 

 

 

それはお前がクズだからお前だけだよって

きっと言うのかもしれないけど、

わたし以外にもそうだったし

あなたたちの思うクズ要素を持ってる人間は

わたしだけとは限らないから。

 

 

 

 

クズだから、って考え方は

なにも解決しないし

むやみやたらに人を傷つけるだけだから

そんなものを手放してしまったほうがいい。

 

 

 

 

 

 

でも、悪魔に魂を売ってるあの人たちからしたら

わたしのこんな言葉たちも全て

ばかばかしいことなんだよなあと思う。

 

 

 

伝わらない人には伝わらないんだと思う。

 

 

 

仕方がないんだと思う。

それはそれでいいと思う。

 

 

 

 

わたしが全て悪かったです。ごめんなさい。

といえばそれでいいのでしょう。

 

 

 

言わないけど。

 

 

 

 

 

わたしが言いたいことはとにかく

無意識殺人をやめてくださいってことです。

 

 

 

おわり。

ゆずイロハカフェ

 

 

 

 

 

本日2回目です。こんばんは。

 

 

 

 

念願のゆずイロハカフェ行ってきました。

お母さんがつれないから、ぼっちで。

 

 

 

 

最初の方3時間待ったっていうツイートを

ちらほら見てたから覚悟して

文庫本2冊持って行ったんだけど

結果10分くらいしか待たなかった。

 

 

10分も待ったのだろか。

体感的に10分くらい。

 

 

 

f:id:ykh01014:20170506203442j:image

 

 

 

ゆずにまみれた空間で

ここはオアシスなのか?と思いつつ

ひとりで高まってた。

 

 

f:id:ykh01014:20170506203532j:image

 

 

目の前が「桜会/マイライフ」のゆずくんで。

めっちゃ、めっちゃ見つめてくるやん。

 

 

 

ゆずくんに見つめられながら

ごはんなんて、幸せか。

 

 

 

写真ですが。

 

 

f:id:ykh01014:20170506203705j:image

f:id:ykh01014:20170506203711j:image

f:id:ykh01014:20170506203718j:image

f:id:ykh01014:20170506203726j:image

f:id:ykh01014:20170506203737j:image

f:id:ykh01014:20170506203743j:image

 

 

 

 

ゆず太郎ラテがもったいなさすぎて

しばらくずっと眺めてた。(笑)

 

 

 

f:id:ykh01014:20170506203806j:image

 

 

意を決してゆず太郎を破壊しました。

ああなんて恐れ多い。

 

 

踏み絵を踏むキリスト教徒ってこんな気持ちだったのかな、とか

どうでもいいこと考えたりしました。

 

 

 

 

店員さん優しくて

レジの人わたし面倒なこと言ってしまったのに

とても感じ良くて

わたしのせいで後が並んでしまって

すごく申し訳なかった。

 

 

この場を借りてごめんなさい。

神対応に感謝です。

 

 

 

ゆずに関わる人たちみなさん

あたたかくてすきです。

 

 

 

第二弾はまたメニューが変わるので

今度こそお母さんと行きたいと思います。

 

 

 

 

 

あと、しつこくて申し訳ないけど、

やっぱり少し、いやすごく後悔した。

 

 

 

あの日はゆずがあそこにいたんだよなって

考えるとやっぱり悔しかった。

 

 

 

 

けど、過ぎたことは仕方ないもんね。

ゆずイロハのチケット、ファーストシートのやつ、

名古屋の座席見る限りはかなりいい席なので、

ファーストシートだからそうかもなんだが

それにしてもとてもよさそうなので、

うん、大丈夫。

 

 

 

 

 

タッタ・ダンス練習しなくては。

 

 

 

それでは。

ひとりごと

 

 

 

こんにちは。

 

 

出かけたいけど郵便待ちで

出かけられずじっとしてます。

 

 

 

 

今日はチケットがね、

届くんすよ。フフフ。

 

 

 

 

ゆずイロハ!

 

 

 

 

そんなこんなで朝からワクワクして

珍しく着替えて化粧まで済んでる。

先週の後悔を経てね。ウン。

 

 

 

 

 

さいきんは自律神経が乱れてるのか、

顔のほてりがおさまらない。

 

 

 

体はなんともないのに

顔だけ日焼けしたみたいに火照ってる。ずっと。

 

 

 

 

なんでかな?と調べたら

 

 

 

更年期障害

 

 

 

と出てきまして。

いやいやそれはさすがにそれは、と。

それで次に自律神経の乱れって書いてあって

これかな?と。

 

 

 

なんだっていいけど。

 

 

 

 

わたし昨日ものすごい暴言吐かれてるのを

聞いてしまって。聞こえてしまって。

 

 

 

たぶん聞こえるように言ったんだけど。

 

 

こんなこと言われるの人生で初めてかも。

びっくりした。ちっとも傷つきはしなかったけど。

だって自覚してるし、それはわかってるし。

わたしがそうじゃないなんて

一度だって思ったことないし。

ただただびっくりした。

 

 

 

こんなひどいこと平気で言える人

いるんだなあって。

 

 

 

なにを言われたかは言いたくない言わないけど。

 

 

 

親には言えないような

ほんとひどいことだった。

 

 

 

 

わたしがやってないこともわたしのせいにして

とりあえずわたしをコケにして

解決しようとしてるの見ると

すごいなあと思う。

 

 

 

わたしがやってしまったことは

まあかなり多くあるけども

やってないこともあるよ。

 

 

 

 

 

それで他の人が救われるならいいんじゃない。

 

 

 

 

 

いい耳と強いハートをお持ちですねって

皮肉ってるの聞いて

そうだね、と思った。

 

 

 

確かに悪口はぜんぶ聞こえてるし

聞こえた上でここにいるもんね。

 

 

 

 

 

 

傷つくわけないじゃん。

 

どうしたって傷つきようがないよ。

むしろどうやんの?

 

 

 

嫌いな人たちに嫌われて

ばかにされて笑われて

そんな風にされて傷つきようがなくない?

 

 

だって嫌いなんだよ?

嫌ってくれてどうもありがとうという気持ち。

 

 

わたしも同じこと思ってるから大丈夫だよ。

あとたった2週間足らずじゃん。

 

 

 

なにもないよ。なんも。

 

 

 

 

わたしにはすんがいるからね。

別に強がりでもなんでもなく

本気で大丈夫なんです。

 

 

 

 

かけがえのないものがたくさんあるんです。

 

 

 

 

だから無駄なことはもうやめたらどうでしょうか。

 

 

 

 

 

わたしのことはどうであれ

周りの人がどう思うかって

もう少し考えないのかな。

 

 

 

 

まあわたしが悪いもんな。

仕方ないね。

 

 

 

わたしのせいだもんね。ごめんなさい。

わたし生まれて来なければ

よかったのかもね。

 

 

 

 

そんなこと考えたり、

ぜんぜん考えなかったり。

 

 

 

 

今はただただゆずに会いたい。

 

 

 

 

それだけで生きてる。

 

 

 

 

 

なんかね、最近の出来事、

じぶんに置き換えて考えてみるの。

 

 

すんのことだよ。

 

 

 

 

もし、ゆずが解散したら、

もしくはどっちかが亡くなってしまったら。

 

 

 

 

でも考えられないの。

脳が拒否して想像できないの。

 

 

 

 

だからきっとそういうことなんだって。

 

 

 

それで、きっと、わたしはそういう時

誰の言葉もほしくないと思うと思う。

 

 

 

ただただ脳が受け入れられるだけの時間が欲しいって思うと思う。

 

 

 

 

だから、わたしがかけてあげられる言葉は

なにもないんだけど

でもなにか話を聞いてほしいことがあるなら

いつだってわたしは話を聞くからね。という気持ち。

 

 

 

 

 

それだけです。

 

 

おわり。

またまた100の質問。

 

 

 

言いたいことがたくさんあるけど

言えないから気晴らしに。自己満です。

 

1. ゆずファン歴は?

12年くらい


2. きっかけは?

サヨナラバスを聴いて


3. 北川悠仁さんの第一印象は?

あんまり言いたくないです。

まあ、あの、あんまりよく思ってなかったことだけ。はい。

 

4. 北川さんの今の印象は?

ストイックな努力家


5. 北川さんの歌声はどう?

岩沢さんと比べられがちだけど

わたしには最高です。

幸せになる歌声。


6. 北川さんのギターはどう?

技術のことはわからないけど

かっこいい。けどギターあんまり弾いてないよね。


7. 北川さんのタンバリンはどう?

さらっとやってるけどすごいな、と。


8. 北川さんの魅力は?

笑顔とひたむきさ。

周りを巻き込むエンターティナーなとこ。


9. 高島彩さんとの結婚についてどう思った?

やっとかーー!って感じ。

心の底から嬉しかったのも本当だし、

寂しかったのも本当です。

でも幸せを感じました。


10. 北川さんに一言!

あなたのおかげで今わたしがいると言っても過言ではないです。

ありがとう。


11. 岩沢厚治さんの第一印象は?

言いたくないです。うん。


12. 岩沢さんの今の印象は?

お茶目なかわいいサブリーダー。

自分をしっかり持ってて自由なのに

ちゃんと場に馴染んでる。


13. 岩沢さんの歌声はどう?

人間じゃないな、と。


14. 岩沢さんのギターはどう?

技術のことはほんとによくわからないけど

笑顔で弾いてるからこっちまで幸せな気持ちになります。


15. 岩沢さんのハーモニカはどう?

器用すぎて意味わかんない。


16. 岩沢さんの魅力は?

酔った時の笑顔。

ノリがいいところ。

独特な世界観。

リーダーを常に立ててる縁の下の力持ちさん。尊敬してます。


17. 一般女性との結婚についてどう思った?

純愛!すごい!

寂しくて泣いたりしたけど

岩沢さんらしいなあ、と。


18. 岩沢さんに一言!

ずっとずっと悠仁だけを見てた左っ子なのに

気づいたら岩沢さんばかり見てたなんかすごい人。

大好きです。


19. ゆずの好きな曲、1曲目は?

サヨナラバス


20. 好きな曲、2曲目は?

春風


21. 好きな曲、3曲目は?

風吹く町かなあ。


22. シングルCD買ってる?

買ってるよ。


23. 「夏色」の印象は?

たぶんなんかのテレビ番組で流れたPVで初めて聴いたんだけど

初めてゆずをゆずだと認識した曲。


24. 「少年」は?

ライブが楽しそう!

参加してみたい!ってずっと思ってた。


25. 「からっぽ」は?

逸話、みたいなのを聞いて

ものすごく切なくなった。

なんか地下鉄で聴くイメージ。

岩沢三大切なソングのひとつ

って勝手に呼んでる。


26. 「いつか」は?

実家のコタツに入って

雪を眺めながら聴きたくなる曲。


27. 「サヨナラバス」は?

もうこれ以上なにも言うことはないです。

全ての始まりの曲であり

最愛の曲です。


28. 「センチメンタル」は?

砂に書いた を 砂に海パンだと思ってた。


29. 「友達の唄」は?

口ずさみたくなる曲。


30. 「心のままに」は?

ジャニスが好きですね。


31. 「くず星」は?

ガラケー時代に着うたフルを

初めて取った曲。

大好きな曲だし、大人になった今聴くと

刺さるものがある。


32. 「嗚呼、青春の日々」は?

お母さんが嫌いな曲。


33. 「飛べない鳥」は?

ずっとちっぽけなもんさ を ちっぽけなモンスターだと思ってた。

鳥なの?モンスターなの?


34. 「3カウント」は?

路上時代の厚ちゃんの歌って噂?逸話?実話?

わからないけどそれを聞いてから聴くと

まったく違って聴こえる。


35. 「アゲイン2」は?

落ち込んだ時によく聴いてた。


36. 「恋の歌謡日」は?

潤子様〜〜!

生潤子様をみれたことは

わたしの大切な思い出です。


37. 「またあえる日まで」は?

ドラえもん。聴きすぎてもはや聴く機会がない。

意外とライブで聴いたことない。


38. 「青」は?

ゆずの曲の中で珍しく好きではない曲。


39. 「呼吸」は?

岩沢三大切なソングのひとつ

勝手に呼んでる。


40. 「3番線」は?

人を人と思うだけで人は変わるのに

って歌詞に何度救われたか。


41. 「水平線」は?

ただただ好きです。


42. 「スミレ」は?

スミレというより百段階段が

とてもとても好き。

スミレももちろんすきです。


43. 「歩行者優先」は?

一番歌いやすい曲。


44. 「濃」は?

ほか弁食べたくなるね。


45. 「桜木町」は?

すんとカラオケに行くとほぼ毎回歌う。

大きな観覧車、花火みたいだねって

言ってみたい。といつも思う。


46. 「シュミのハバ」は?

シュミのハバダンス踊ってみたい。


47. 「夢の地図」は?

ライブツアーのDVDをいつか手に入れたい。


48. 「栄光の架橋」は?

中3のキャンプファイヤーで、みんなで歌った。

歌詞プリントが「栄光の架け橋」になってて

怒った思い出があるし

こんなの見なくても歌えるし、って粋がってた。アタタ。

実際歌えるけど。


49. 「超特急」は?

第二の夏色だと勝手に思ってる。


50. 「陽はまた昇る」は?

ライブのタオルパフォーマンス大好き。


51. 「春風」は?

大好きすぎるくらい大好きな曲。

わたしの中でサヨナラバスの次に大切。


52. 「明日天気になぁれ」は?

落ち込んだ時に聴きたくなる。


53. 「ストーリー」は?

たぶんリアタイで買った

初めてのシングルだと思う。

なかなか思い出深い。


54. 「Yesterday and Tomorrow」は?

修学旅行中に発売して

早く帰りたかった。

ラクティスのCMの放映日に

見れなかっただけで大泣きして

親を呆れさせた苦い思い出もあり。


55. 「シシカバブー」は?

PVが好きすぎて何度も何度も見た。

代々木のリリイベ、行きたかった。


56. 「逢いたい」は?

悠仁のお父さんの話ありきで聴くと

いつも泣いてしまう。


57. 「いちご」は?

わたしとすんの思い出の曲。

なつかし。あれは伝説です。


58. 「虹」は?

出だしと間奏がとてもとてもすき。


59. 「桜会」は?

PVがめっさすき。

これのデモ音源のほしさに

行けない武道館ライブのグッズ販売に並んだ。


60. 「マイライフ」は?

ダスキン


61. 「慈愛への旅路」は?

ヒゲ悠仁好きくないけど

この曲はすき。

震災を思い出す。


62. 「from」は?

落ち込んだときに聴く曲。


63. 「Hey和」は?

これも震災を思い出す。

2-NI-のライブは忘れられないね。


64. 「翔」は?

なんか影薄くない?


65. 「with you」は?

高すぎだろ。


66. アルバムCD買ってる?

買ってるよ。


67. 「ゆずの素」の感想は?

わっか。(若い)


68. 「ゆずマン」は?

遊園地だいすき。


69. 「ゆず一家」は?

手紙の追伸のとこを何回聴いたか。


70. 「ゆずえん」は?

インストゥメンタルがすき。


71. 「ゆずマンの夏」は?

かわいいよね。


72. 「トビラ」は?

荒んでるなあ。


73. 「ユズモア」は?

弾けたなあ。


74. 「すみれ」は?

かわいいなあ。


75. 「ゆずスマイル」は?

日曜日の午後がだいすき。


76. 「1 ?ONE?」は?

このツアーだいすき。

夏祭りだいすき。


77. 「リボン」は?

このへんから徐々にリアタイで見てた。


78. 「WONDERFUL WORLD」は?

ワンワーはいろいろと思い出深い。


79. 「FURUSATO」は?

初めて行ったツアー。


80. 「2-NI-」は?

初めて誕生日に行ったライブ。


81. ベストアルバム買ってる?

買ってる。


82. ライブアルバム買ってる?

買ってる。


83. PV集は?

大人になってから出たやつは買ってる。


84. ライブDVDは?

大人になってからry


85. ゆずの歌詞の世界観はどう?

毎回ちゃんとはっきり伝わってくるからすき。

新世界とLANDがとくに。


86. 好きなPVは?

代官山リフレイン

桜会


87. 好きなジャケットは?

FURUSATOかな。


88. ライブに行ってる?

行ってる!


89. チケット取れる?

だいたいは。


90. ゆずのライブどう?

最高以外見当たらない。


91. ストリートライブ観たことある?

ない。


92. 「ゆずのオールナイトニッポンGOLD」聴いてる?

途中まで毎週聴いてた。

週が変わってから聴けなくなった。


93. ゆずのラジオどう?

23時代が本番ですよね?

SATOサトーのくだりだいすき。


94. ゆずの音楽をひとことで表すとしたら?

難しいな。幸かな。


95. ゆずの魅力1つ目は?

ファンを大事にしてるところ。


96. 魅力2つ目は?

いつも全力で楽しんでるところ。


97. 魅力3つ目は?

側に寄り添ってくれるところ。


98. ゆずへの要望は?

体を大切に、マイペースにやってください。


99. ゆずはどんな存在?

家族みたいにかけがえのない存在。


100. ゆずに一言!

20周年おめでとう!

生まれ変わってもゆずっこです。

 

 

なかなか長かった。